無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
あの空の下

目の前で起こった現実が受け止められず、
それでも、事実は曲げようもなく、
朝、起きる度、あれが夢だったら、と
ホクトベガとの別れに、打ちのめされていた日々。

それでも、どうしても、
ドバイの空が忘れられなかった・・・

ホクトベガが呼んでくれた初めての海外競馬場。
ここを走る彼女を想像した時の、
あの、誇らしく、心が高まるような思いは、
悲しみと同じくらい、私の心に深く刻まれ、
そのあとの競馬を続ける糧になっていた。

そして2001年。
ドバイシーマクラシック。
ステイゴールドの勝利を目の前で見た。
いつか日本馬が勝ってくれたら、と思ってはいたが、
海外競馬への挑戦が厳しいのも知っていたから、
夢が現実になるという喜びが
想像していた以上のものだということに興奮した。

あの日と同じ、漆黒の闇に浮かぶ競馬場の空の下で
全く違う思いで、そこに立つ自分がいた。

そして、今日。
ヴィクトワールピサがドバイワールドカップを優勝した。

誰かが挑戦し続けなくては、
見ることの出来ない優勝という現実が、
目の前に現れた。

あの空の下で感じた色んな思いが
こんな真夜中なのに、次々と浮かんで。

現地時間3月26日。
ホクトベガの誕生日。

色んな思いを、また、私につないでくれる。

競馬は現実。
どんなに妄想しても、必ず結果という現実があり。
それは時に厳しく。
時に打ちのめされるが。

でも、それを乗り越える現実を見せてくれるのも、
また競馬なのだ。

| びっけ | 海外競馬 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ドバイワールドカップ2011

ヴィクトワールピサ優勝!

トランセンド2着!

日本馬ワン、ツー!


こんな日が、本当に来るとは・・・。

| びっけ | 海外競馬 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
凱旋門賞

日本馬の結果に、

頑張ったなー、じゃなくて、

本気で地団駄踏んで悔しがる時が来てるわけで。


でも、やっぱ。

現地で見たいなぁ。遠いけど。

| びっけ | 海外競馬 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |