無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
WBC
実は結構、負けず嫌い。

頑張って応援するという気持ちより
打てないとイヤだ、打たれたらイヤだ、という思いが強く、
応援するチームの試合をまともに見ていられない。


WBCの決勝は、まさにそういう試合だった。
やきもきする試合展開に、見るのも「一球だけ」とか。
それも、家にいてもいいのに、
わざわざ健康診断の結果を聞きに病院へ行ったりして。

でも、病院の待合室でもしっかりWBC。(笑)

ただ、私が待つべき診察室前にテレビはなく、
待合室にテレビを見に行ってしまうと、
呼ばれたことに気がつかないので
歓声がわずかに聞こえる場所で、そわそわしながら座っていた。

時々、ワー!という歓声に、どうしても気になって、テレビの場所まで。
でも、やっぱり一球みたら、またその場を離れ・・・の繰り返し。
なんと落ち着きのないっ!(笑)

向かい側に、車椅子の男性とその介助の女性が座った。
その二人も、待合室にいては呼ばれることに気がつかないので、と
テレビを諦めて、診察室前の椅子に来たのだ。
しかし、その介助の女性も、時々走ってテレビを見に行く。(笑)
やっぱり落ち着きがないっ!
ちょうど、10回の表が終わったところだった。

私とその彼女、きっと交互に見に行っていたのではないだろうか(笑)。
最後のバッターは私が見届け、席に戻って
「終わりましたよっ!」と思わず彼女に声を掛けた。
「えっ!ホント?で、どうでした?」
「勝ちました!」と私が言うと
「やりましたねー!!」と手を出してきた。

・・・思わず、握手。(笑)

野球のチカラ。
そんなことを感じた一日だった。
| びっけ | プロ野球 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
清原の姿
試合前の打撃練習。
カブレラの打球がポンポンとスタンドインしたのを見た後だったので
余計、清原の打球は重く感じて、
今日の出番は厳しいかな、という予感は的中。

でも、10時半まで残っていたお客さんの多くは、
代打清原を期待していて、それは私もそうだった。
最下位だったオリックスを2位まで押し上げた大石野球の厳しさを
目の当たりにしたわけだが、逆に考えれば、
今日勝ってCS進出を決めれば、10月1日は晴れて消化試合。
その日のためのスクイズだったと思えば、仕方なしか。

延長10回表にオリックスがリードして
それでも代打に出てこなかった清原を見るには、
もう一度ライオンズに追いついて貰うしかない、と
3塁側もかなりライオンズ贔屓だったが、
期待も空しくゲームセット。

それと同時に、どこからともなく沸き上がった清原コールが球場全体を包み、
引き寄せられるように、ベンチから出てくる清原。
球場全体にお辞儀をしながら、長く守った1塁ベースへ進み、ベースを踏んで守りの姿勢。
そこから、懐かしい清原のコンバットマーチを叫ぶライトスタンドへ向かって歩き出した。

垂れ幕を用意していたファンもいた。
清原の姿に、「ありがとう」「お疲れ様!」と周りは色々叫んでいるけど
私はただ涙が止まらず、何も言葉を発することも出来ずに
ひたすらその姿に向かって拍手をするだけだった。

ライトスタンドに挨拶を済ませた清原が、ホームベース近くに戻ってきた。
ゆっくりと右打席に入って、足元をならす。
この姿も懐かしい。その背中を私は3塁側から眺めるのが好きだった。

打席を外した清原に、西武ベンチから花束を持った渡辺久信監督が近づいてきた。
古巣の粋な計らいは、試合中もイニング間のVTR放映で、
懐かしい西武時代の清原を何度も映し出してくれていたが、
その極めつけは監督から敵陣引退選手への花束贈呈。

そして、西武ベンチから全ての人という人が飛び出して清原を囲み、
オリックスベンチからも選手が出てきて、清原の胴上げ。
こんな大きな人垣の胴上げは、見たこともないくらい。
胴上げが終わった後も、どこに清原がいるのかわからないほどで。

人垣がほどけたところで、背番号3を付けた西武の中島選手が清原に歩み寄る。
清原がユニフォームを脱ぎ、中島もユニフォームを脱いで清原に手渡した。

再びライオンズの「背番号 3」を着た清原がそこにいた。
もう二度と見ることがないと思っていた背番号 3。

浪人時代に見た一年目の最終戦でのさよならヒット、
歯も噛み合わないような寒さの中で見たホームラン、
近鉄高村から打った右方向への芸術的な満塁ホームラン、
打った瞬間に「行った!」とわかるレフト方向へのホームラン・・・。
いつも期待を持たせてくれた「背番号 3」清原は
私の野球観戦の全てだった。


西武ドーム最後の姿。
見に行けて幸せだった。

ライトスタンドへ向かう清原
| びっけ | プロ野球 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
男の花道
引退間近の清原選手。
「男の花道」というサイトもオープン。

しかし。寂しい。
本当に辞めちゃうのだろうか。
辞めるの止めちゃうって言わないだろうか。

怪我をたくさんしているのも知っている。
そのための苦労も、見聞きしている。

でも。

代打でも清原選手が出る可能性があれば
お金を払って試合を見に行く気持ちになれるのに。


本当に辞めちゃうのかな。
信じたくないけど。。。

悔いを残したくないので
西武ドームの試合は見に行こうと思う。
| びっけ | プロ野球 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |